26歳独身男性営業のLINEを使ったゲイとの出会い

大学1年生の夏の時期だったと思います、ある時LINE掲示板を眺めていたのですけどゲイの方の書き込みをみてしまったんですが、不思議と違和感を感じることがありませんでした。
むしろ電撃が身体を走ったとでも言いますか、妙に興味を惹かれてしまったのです。
たしかに今まで女性とのお付き合いも肉体関係も持ったことはありませんでした、それは興味をもつことができなかったからなのですけど、でもその時男性に興味があるということもなかったのです。
でもLINEの掲示板をみて初めて素直に受け入れることができている自分を見つけることができました。
特に興味をもったのは40代の男性のもので援助交際を希望していまして、1回で3万円出すというのです。
それでそのおじさんに連絡をしてみたのですけれど、おじさんの一人暮らしのマンションで楽しもうと誘われて出かけて行きました。
ゲイであるということに対しては否定的な気持ちも出てきませんでした、そのおじさんと会い自宅に連れて行かれて初めての人生始めての肉体関係を男性と持ちました。
とても自然な気持ちで彼のペニスをフェラすることもできましたし、興奮も得る事が出来ました、小さめの彼のペニスはモコモコと口の中で大きくなっていく、それを丁寧におしゃぶりしてあげました。
僕の大きなペニスを観てほんとうに嬉しそうに笑顔で手コキをしてくれるし、お尻に挿れられた時の気持ちってなんとも言えなく甘いモノを感じたんです。
これがきっかけですっかりとゲイの世界に目覚めることができました。